俺と風俗嬢の感度の違い

風俗嬢を指先から責めてみる。俗にいう指フェラをすると、感度良く恥ずかしげな表情で小さく喘いでいました。「そんなに気持ちいいの?」「なんか、くすぐったくて癖になっちゃ・・・ああっ!」と、なにやら可愛らしい。指フェラ・・・風俗でよくこちらからするんですが、受けたことは一度もなかった。せっかくなので、風俗嬢の指フェラを味わうことにしました。人差し指をウエットティッシュでちょっと拭いた後、「どうぞ」といって差し出すと、ゆっくり咥えてくれます。フェラと違って、咥える瞬間を正面から視られて興奮しちゃいますね。ペロペロと、厭らしい舌使いで指を舐めてくる――確かに気持ちは良いが、ちょっと勃起するって程度ですね。やっぱり男と女では感度が全然違うのか。少し進行して、今度は嬢を四つん這いにしてお尻をペシペシ叩く軽いスパンキングを行う。「これも気持ちいい?」「いえ、これはそんなに…」というが、5分くらい叩いていると、どんどん厭らしい表情になっていって……やっぱり感じていました。

感度が違う女の子

性感風俗なるものに行ってみた

この前、初めて性感風俗というのを利用しました。システム的にはファッションヘルスに酷似しているのですが、こちらは前立腺とかキンタマなどの性感帯を刺激することを第一と考えられた風俗であり、前立腺とか好きな人は病み付きになってしまうようなお店ですよ。性感風俗に電話をして混雑っぷりを確かめた後、お店に行きました。電話したものですけど?と言って案内され、お金を渡して嬢と対面しプレイ開始です。嬢は21歳の子。性感系に関しては、若い子よりもベテランの奥様系の方が有利な場合があるのですが、その21歳の子も非常に上手でした。前立腺マッサージもしっかり出来る子で、何度もオーガズムに達してしまいました。まずはローションをアナル付近にかけられて、まずはアナルマッサージから。手で撫でられたり、舌でチロチロと舐められたりです。そして最後にアナルに指を入れられ、手マンの要領で掻きだすように内部でグチャグチャやられてイキました。いや、最高です。