献身型の風俗嬢の魅力

嬢の容姿はイマイチだったけど、ムードが最高でした。デリヘルでラブホテルに呼んだのですが、そのホテルは風俗店が推奨しているホテルであり、風俗嬢はホテルシステムを熟知していました。「ここ、ライトをこうすると雰囲気出るよ」といって、なんだか厭らしいピンクのライトに切り替わる。ピンクにはエッチな妄想を掻きたてられる色のようです。最初こそ違和感はあったものの、途中からピンクライトに夢中になりすっかり飲み込まれました。それに嬢との距離感もよかったです。「私のことは○○って呼んでね」と、風俗ネームとは違う名前を言われる。まさか僕だけ特別扱いで本名を!?と思わせられる良い戦術です。向こうも僕の事を名前で呼んでくれて、まるで本物の恋人のようなイチャイチャを体感でした。プレイもスムーズで、キス・アナル舐めの拒否は一切なし。献身型の嬢で、向こうからなんでもやってくれました。マジで理想とする女の子でしたよ、あれは。また利用したいです。

もう風俗じゃ複数しかできない

家に風俗嬢嬢を2人呼びました。割引チケットが有効だったので、なるべく料金を高めにしてお得感を出そうとしたら5万円も放出してしまい、見事お店の思惑通りになってしまった。でも、5万円の価値はある3Pでしたよ。二人とも美人だったし、エッチもすごく上手♪ドアを開けると、美女が二人並んで待っているってシチュエーションはプライスレスです。僕の部屋に女の子がぁ!誰かに見られたかった!なんて思ったり。顔を手で隠すというのが条件で、写真を撮るもの許可してもらえました。二人に囲まれながらパシャッ。一生の宝物ですよ。プレイはマジ王様気分です。風俗嬢と交互にキスをすることでエンドレスディープキスを味わう。それから二人に両乳首を舐められるという。快楽に抗うことが出来ず、何度も何度も喘いでしまいました。耳舐めも声を出さざるを得なかったです。あんなに気持ちいいのは初めてでした。最初の耳舐めなどが強烈で、フェラが微妙だったくらい。風俗はもう複数しかできないかも。